お花の貴公子

ニコライ

今夜のソロモン流は、ニコライ・バーグマンさんです。
以前、拝見したデモンストレーションで、北欧のテイストを取り入れた
お花のアレンジを即興で紹介していました。

この根っこが見えてるところが、日本人にはない感覚というか、新鮮ですね。


スポンサーサイト

ラベンダー

oiuy


漂う空気が少しづつ夏の香りを感じさせる季節になりました。
お花や植物にうっかりお水をやり忘れると、すぐにぐったりしてしまいます。

そんな蒸し暑い季節ですが、店内のラベンダーはいつでもイキイキ
なぜなら。。本物のラベンダーではないからです。

毎回、何人かのお客様は本物のラベンダーと勘違いされます。
最近のアートフィシャルフラワーは品質も数年前とは格段に違い
とても精巧に制作されています。

お店で販売もしていますので、よかったら実際にご覧になってみてください♪


デンマークからのお客様

えrty


紫陽花が綺麗な季節になりました。
梅雨の季節は苦手ですが、雨のしずくでしっとり潤っている花たちは
いつもより艶っぽく、ついうっとりと魅入ってしまいます。

デンマークには梅雨などないので、この湿っぽい雰囲気。
どう感じるのでしょうか?

只今、デンマークからお友達が遊びに来ています。
はじめての日本、少しでもお天気がよい日が続くとよいのですが。。

伊豆高原で妙な漢字のTシャツを着ている、外国人が歩いていたら、
私たちのお友達かもしれません(笑)

「破壊」やら何やら危険な漢字が書かれたTシャツを着ていますが
本人はいたって、とっても温厚で優しい方なのでご安心を!